FLOWERS-フラワーズ-

昭和11年・春。親同士が決めた結婚に悩み続ける凛。女学校を出て進歩的な考えを持つ凛は、式当日遂に家を飛び出してしまう。昭和30年代・夏。凛の娘たち、長女・薫、次女・翠、三女・慧。彼女らはそれぞれに事情を抱えながらも、高度経済成長を遂げる日本で大人としての一歩をそれぞれに歩み始める。現在・冬。慧の長女である奏と次女の佳。夢にも恋愛にも挫折し一人苦しむ奏と、あくまでも前向きに生きようとする佳。凛が花嫁姿で走り出した昭和11年から、奏が決意する平成の現代まで、三代にわたる6人の女性たちのドラマを描き出す。

 265 total views,  2 views today

Read More